North Man Style

身につけよう 応急手当

a0114060_23322592.jpg

かなり前になりますが「上級救命講習」を受けました。
普通救命講習も過去に2回受講していますが、上級救急はこれに包帯法・固定法、搬送法などが加わっています。

その講習の中で言われた、講師の救急救命士の方の言葉が印象に残りました。
「テキスト通り意識の確認から始まる応急手当。でもその前にやることがあります。それは見て見ぬふりをしないこと。」

確かに。。。
家族や気の知れた知人ならまだしも、街を歩いていて見知らぬ人が倒れていたとしても、すぐに駆け寄って行動することができるだろうか?
自分も躊躇してしまうと思います。。。

*GR DIGITALIII*
[PR]
by northmanstyle | 2010-11-28 23:57 | アウトドア | Comments(2)
Commented by mero at 2010-11-29 23:34 x
確かにドシーンと重みのある言葉ですね。
皿の最後の一つまみを残したり、英語で会話することを恐れたり、の最悪の延長なのかも・・など考えました。
自分も頑張ります。時々復習したいですね。
そして、いざという時はよろしくお願いします!!
Commented by ノースマン at 2010-11-30 00:05 x
meroさん
「他人任せ」、「責任逃れ」、まぁどこにでもあることですね。
我々の身近な所にも。。。
meroさんのいざという時は、もちろん「みてみぬふり」です。
それでもきっと自分で何とかしちゃうでしょうね(笑)