North Man Style

アポイ岳

a0114060_22355258.jpg

アポイ岳は気象や地理的要因によって、標高わずか810.6mでありながら多くの高山植生を見ることができる山
しかもその多くが固有植物。




a0114060_22355934.jpg

となれば一度は登ってみたい山。
自宅から登山口まで片道3時間、ちび君も含めお外遊び仲間といってきました。
a0114060_2236120.jpg

登りはじめは山親父の気配を感じながらうっそうとした森歩き。
a0114060_23131823.jpg

山道は整備され、休憩場所もたくさんるためのんびり進みます。
a0114060_22355562.jpg

a0114060_2311577.jpg

5合目の非難小屋を過ぎると森は開け一転岩登り。
岩の隙間から生えている初めて見る固有種の花や雲海が眼を楽しませてくれます。
a0114060_239468.jpg

しかし花なんて興味の無いちび君にとっては厳しい登り。
a0114060_22362728.jpg

あまりにのんびりした為、入山から下山まで8時間。。。
下山後は温泉でこれまたのんびりして帰路に。

3時間の運転が辛かった。。。
a0114060_2236540.jpg

*EOS 5D+EF17-40mm F4L USM* ※2012.06.11 アポイ岳
[PR]
by northmanstyle | 2012-06-15 23:08 | アウトドア | Comments(2)
Commented by mero at 2012-06-17 01:19 x
ちびくんの(いやもうちびじゃないかも)頑張りに成長を目の当たりにしました!そして彼は石という自我に目覚めた様子ですね。
にしてもまだ咲く花があるとのことを某センター長が言ってましたのでもう一度見なくちゃならないようです(汗)。
でも運転は本当に厳しいですよね。私は帰りの150kmのみでしたが・・日帰りの場所ではありませんね。お疲れ様でした!
Commented by ノースマン at 2012-06-17 18:45 x
meroさん
ちびくんももう一度行きたいようです。
というのもあれだけ捨てろと言われ続けてもポケットに大事に入れていた持ち帰った石を家で調べるとちゃんと鉱石で、
しかも図鑑のサンプルの産地が「様似町幌満」になっていたのも嬉しかったようです。
こちらとしては捨てさせなくてよかったと。。。