North Man Style

<   2014年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

デジタルカメラ教室

a0114060_0245995.jpg

ひょんなことから引き受けてしまったデジタルカメラ教室の講師
6月から毎月1回。全3回シリーズで実施してきて昨夜無事終了しました。

1回目「デジタルカメラの基本」
デジタルカメの種類から基本の構え方まで

2回目「撮影の構図とコツ」
3分割法、たて構図と横構図について、絞りとボケの関係など

3回目「画像ソフトとプリント」
「Adobe Photoshop Elements 12」 を使った画像編集など


初心者向けということでそれほど深い内容ではありませんが、自分なりに講義内容を考えて構成しました。
とはいっても個々の感性や表現方法はあるので、とにかく楽しみながら写真を撮ることが一番大事だということは大前提。

さて、第1回目の初めに、参加の皆さんに対してこの教室で「何を知りたいのか?」、「何をしたいのか?」
それに合わせて進めていきたいと思うと伝えると、皆さんから返ってきたのが、「カメラを使いこなしたいけど、取扱説明書がわかりにくい」ということ。
取り説を読んでも訳がわからない言葉がたくさんで、読んでいてもさっぱり理解できないのだそうです。

ほとんどの方がカメラ屋の勧めで買ったカメラで、マクロスイッチの意味すらも知らないといった状況です。
撮った画像もカードに入れっぱなし。
中にはカメラを買ったまま使わないでいた方も。。。

確かに取り説をすべて読もうと思うと膨大で読む気がしません。
もっと簡潔に、基本中の基本は別紙にして用意してあげることも必要かもしれませんね。


そんなこんなで、スライドを交えながら対話形式で進めていきました。

受講は各回毎に申し込みと料金が必要でしたが、最終回までほぼ同じメンバーが参加してくれたこと。
2回目の終了時に、次回までに「夏の1枚」を撮ってきて下さいと宿題を出したところ、その時にやった「3分割法」をしっかり意識して撮ってくれた方が多かったこと。
さらに主催者側から、キャンセル待ちがあり、参加できない方がいたのでもう一度同じ内容で開催して欲しいと要望があったこと。

もろもろ自分にも嬉しい手応えがありました。

*RICOH GR*
[PR]
by northmanstyle | 2014-08-29 18:40 | わが家の風景 | Comments(8)

散財。。。

a0114060_23345355.jpg

予定になかったのにテントを購入
たまたま立ち寄った好日山荘のセール会場で目にとまってしまいました。

今回は3人用の山岳テント。
先日の黒岳で、ひとり寂しく小屋泊まりだったパートナー氏からも異論がなかったので(苦笑)
a0114060_23345491.jpg

*RICOH GR*


散財といえばAmazonでこんなセールやっています。
【対象商品】2点以上購入でさらに30%OFF

例えば
patagoniaHAGLOFSMarmotなど。
すでに割引になっているものも更に3割なので、とんでもない価格のものも。

悩ましい。。。
[PR]
by northmanstyle | 2014-08-26 23:52 | 風景・散歩 | Comments(0)

朝を迎えに

a0114060_21505742.jpg

南風から北風へ
わが家を抜ける風の向きが変わりました。

季節が変わったようです。
ブログの背景も変えてみました。

*EOS 5D+EF17-40mm F4L USM* ※2014.07.20 桂月岳
[PR]
by northmanstyle | 2014-08-25 21:59 | | Comments(0)

旅の終わり

a0114060_20315645.jpg

振り返って上ホロ避難小屋を
こちらからの眺めも素敵です。
a0114060_2032199.jpg

十勝岳山頂まで最後の登り。
a0114060_20315917.jpg

そして到着。

実ははじめての十勝岳。
日本百名山の1つとあって山頂は結構込み合っています。
a0114060_20322847.jpg

下山は吹上温泉へ

地図で見るとそれほど遠い気はしませんでしたが、結構距離がありました。
花も無く変化も無いコースに、途中で嫌気がさしましたが吹上温泉に到着。

車の停めてある十勝岳温泉まではバスか徒歩で戻ろうと思っていましたが、時刻表を見ると次のバスは2時間20分後。
温泉に入ってのんびりバスを待つか、それとも歩いて戻るか。

少し考えて、お風呂に入った後、再び汗だくの服を着るのが嫌だったので歩くことにしました。

しかし気温は30℃越え、ゆるい登り、登山靴でのアスファルト歩き。

思っていたより辛い。。。

1時間20分歩いてようやく駐車場。
もしかしたらこのアスファルト歩きが今回の山行で一番辛かったかも。。。

最後はグダグダと歩いて締めくくることになってしまいましたが、「大人の夏休み 2014」の報告はこれですべて終了!!

大人になると、リスクを伴ったことに挑戦することをできるだけ避けて過ごしていますが、
たまには思いっきりリスクと向き合うことの緊張感、そしてそれを乗り越えた時に達成感を味わうことも大事ですね。
いい経験ができました。

*RICOH GR* ※2014.08.02 十勝岳
[PR]
by northmanstyle | 2014-08-23 23:19 | アウトドア | Comments(0)

進む

a0114060_1025231.jpg

さて、カメラの設定くらいでうじうじしていてもしょうがない
気分を入れ替えどんどん進みましょう!!

幸い家に帰ってきてPCでチェックしても、それほど画質の違いは感じませんでしたし。
それほど。。。ええ、それほど。。。。(苦笑)
a0114060_10354875.jpg

今回の旅でもたくさんチングルマを撮りました。
いくら撮っても飽きない花です。

まぁどこを歩いていても咲いているのもありますが。
a0114060_1022513.jpg

このキラキラした感じが大好きです。
a0114060_1021766.jpg

a0114060_10354639.jpg


a0114060_1022041.jpg

期待感が高まる情景です。
小さな小屋は上ホロ避難小屋。
a0114060_10354460.jpg

*RICOH GR* ※2014.08.02 上富良野岳、上ホロカメットク山
[PR]
by northmanstyle | 2014-08-22 11:21 | アウトドア | Comments(0)

朝がきた

a0114060_2350145.jpg

十勝岳連峰の稜線から昇る太陽

富良野岳方面は快晴。
花々も綺麗に咲いているのでしょうが、今回はパスして上富良野岳から十勝岳へ向かいます。
a0114060_23501717.jpg

が、このあたりで写真を撮っていて気づきました。
カメラの画質設定が「M」になっています。※GRはJPEGの画質設定がXS、S、M、L

不安になってこれまで撮ってきた写真を確認すると、縦走初日の夜に撮った星空から後がずっと「M」のまま。
どうやら星空をRAWでも撮ろうといじった後に、JPEGに戻すタイミングで「L」ではなく「M」にしてしまったようです。

いくらまだ操作に慣れていないカメラだとしても、今回の旅を綺麗に撮ろうと新調したカメラ。
その性能を100%発揮することが出来なかったことがあまりにもショックで、しばらく放心状態。。。。。。
a0114060_0165933.jpg

*RICOH GR* ※2014.08.02 上富良野岳
[PR]
by northmanstyle | 2014-08-21 23:57 | アウトドア | Comments(0)

神様?!

a0114060_2038100.jpg

快晴だったのに急に霧が
ふと気配を感じて安政火口のほうを見ると神様?!

はじめて自身のブロッケン現象をみました。
わかり易いようにちょっと画質をいじってます。

*RICOH GR* ※2014.08.02 上ホロカメットク山
[PR]
by northmanstyle | 2014-08-20 20:15 | | Comments(2)

次はあそこ

a0114060_22183114.jpg

順調に進み、4日間の予定が3日間で完結できた大雪縦走

予備日を含めて5日間の休暇を取っていたので、残りの2日間を無駄にはしたくない。
ということで十勝連峰へやってきました。

目指すは十勝岳

*RICOH GR* ※2014.08.02 上ホロカメットク山
[PR]
by northmanstyle | 2014-08-19 22:25 | アウトドア | Comments(0)

転進。

a0114060_2185262.jpg

霧の中、天人峡へ下山

すると昨日、トムラのスライド時やヒサゴ沼でお話をした方が、この天候では天人峡は厳しいのでは?
と案じてわざわざ追いついてくれました。

「沼ノ原へ一緒に下山しませんか?」

沼ノ原と自分が車を停めている旭岳は、広大な大雪山系を挟んで反対側。
それを承知の上で、下山後は車で旭岳まで送ってくれるとのこと。

「とにかくぬかるみが酷いと思うので、遠慮はしないで欲しい」とまでおっしゃって頂きました。
a0114060_21135813.jpg

実は沼ノ原の登山道は、今年4年ぶりに通行が可能になったルート。
広大な湿原が広がる場所でもあり、機会があれば歩いてみたいと思っていたルートでした。
a0114060_2185660.jpg

ということでご厚意に甘えて便乗させていただき二人で沼ノ原へ。

とても話題が豊富な方で、道中は山、山道具、山での食事、カメラなど様々な話をしながら楽しく進みました。
a0114060_21102754.jpg

五色岳から五色ヶ原へ。

この頃になると徐々に霧が晴れ、眺望が開けてきました。
ヨツバシオガマやチシマノキンバイソウが群落で咲いています。
a0114060_219382.jpg


a0114060_21103037.jpg

そしていよいよ念願の沼ノ原へ。


a0114060_219672.jpg

とにかく広い湿原。
新しく整備された木道の脇は、タチギボウシがまさに満開。
圧倒的な情景になんどもため息が出ます。

a0114060_219943.jpg

で、無事登山口まで下山。長い3日間の山行が終了しました。


素晴らしい方との出会いがあり、思いがけず沼ノ原を歩けたことでこの縦走がより印象深いものとなりました。
感謝しております。
a0114060_052771.jpg


ただ、天気がよろしくなく、とくにトムラウシの山頂は眺望がまったく無かったのは、自分の中で来年のリベンジの理由としてすでに成立しています。

来年もまたあの頂を目指す予定です!!
a0114060_2191888.jpg

ようやく姿を見せたトムラウシ山山頂を沼ノ原より

*RICOH GR* ※2014.08.01 五色岳、五色ヶ原、沼ノ原
[PR]
by northmanstyle | 2014-08-17 23:55 | アウトドア | Comments(4)

さて、どうしよう?

a0114060_18394914.jpg

前夜は風が強く、夜中に雷雨
恐らく近くに3回くらい落雷も。

で、朝になって小屋から出ると外はこんな感じ。
a0114060_1844962.jpg

ヒサゴ沼もこんな感じ。

予定では天人峡へ下山、タクシーで旭岳ケーブルに停めてある車に戻るつもりでした。
しかし1日分余裕が出来たので、もう一度白雲に戻って旭岳から下山もよいかも。

これはしばらく歩いて天候次第かな?など考えながら小屋を後にしました。
a0114060_19205053.jpg

が、霧に風は変化無し。。。
濡れたハマツ帯を進むのも、吹きさらしの高根ヶ原を歩くのも抵抗があったので予定通り天人峡へ下山を決めました。

すると濃霧の中、後ろから追いついてきてくれる方が。

*RICOH GR* ※2014.08.01 ヒサゴ沼
[PR]
by northmanstyle | 2014-08-16 23:11 | アウトドア | Comments(0)